WEB査定
LINE査定
電話相談
ブログ
WEB査定
LINE査定
電話相談
ブログ
TOP
お気軽にお問合せください。
受付時間 10:00~20:00
0120-95-6633
近畿以外は072-266-6669へおかけください。

電動工具を買うならどこの工具販売店・通販・ホームセンターがオススメ?安く手に入れる方法は?

2020年11月13日

DIYが一般的になったことで、インパクトドライバーなどの「電動工具」に対するニーズも高まってきました。

工具のなかでも高価になりやすい電動工具を購入する際には、どこで買えばよいのか迷う人も多いでしょう。

そこで、この記事では電動工具の購入先ごとの特徴など解説しながら、どのような人におすすめなのかを紹介していきます。

電動工具を安く手に入れる方法も紹介しますので、購入するときの参考にしてください。

電動工具が手に入る販売店の種類

インパクトドライバーの画像12

電動工具を購入できる主な販売店として挙げられるのは、工具屋さんである「金物屋」や「ホームセンター」があります。

また、「ネット通販」で手軽に購入する方法や、専門店である「工具販売店(プロショップ)」で買うことも可能です。

ここでは、電動工具を買うならどこがよいのか迷っている人のために、それぞれの特徴やメリット・デメリットを説明していきます。

自分が向いている工具販売先を知ってから、工具を安く購入しましょう。

「金物屋」がおすすめの人

一般的に「金物屋」というと、家で使う鍋などの金物を扱うイメージがあります。

実際には、建築業者などのプロが使う工具類をはじめ、多くの商品を取り扱っている金物屋が多いです。

 

日本独自の販路である金物屋は、品揃えがよくツケ払いが可能で修理などのアフターサービスも充実しています。そのため、金物屋は日本で海外の電動工具会社の進出が進まない理由のひとつともいわれています。

 

地域密着型のため、店舗周辺の需要によって取り揃えている商品はさまざまで、ニーズに合わせた商品の種類を豊富に取り揃えている点が金物屋のメリットといっていいでしょう。

金物屋では、購入した商品に対するサポートやアフターサービスを受けることができ、使っていて故障した場合は修理の依頼もできます。

購入した電動工具を配達してくれる金物屋もあるので、大きな工具を購入した際は助かるというメリットもあります。

 

ホームセンターより安い商品もあるので、身近に金物屋があればそこで価格を確認してから安い電動工具を購入するとお得です。

 

ただし、金物屋は会社との取引が中心なので、取り扱っている商品は素人が使う電動工具よりもプロ仕様の商品のほうが多くなっています。

素人が使いこなせない業務用の工具が多い点が、金物屋のデメリットといえるでしょう。

金物屋は、素人でも経験が豊富でプロ並みの手さばきで作業をこなす人にはおすすめです。

 

「ホームセンター」がおすすめの人

インパクトドライバーの画像14

ホームセンターは、プロ仕様よりも素人のDIY向けの電動工具を多く取り扱っています。

工具を低価格に設定したプライベートブランドを持つ、ホームセンターも増えてきています。

 

木材からネジなどの消耗品までDIYに必要なものはすべてといっていいほどあるため、電動工具をDIYに使う人や家庭に1台常備しておきたい人はホームセンターで電動工具を買うのがおすすめです。

 

プロがするような難しい作業をするのでなければ、ホームセンターで購入できる安価な電動工具で十分です。

始めから高価なプロ仕様の電動工具を揃えるよりも、比較的軽くて安い一般向けのものを購入するといいでしょう。

 

ホームセンターのデメリットは、店舗によってサポート体制が異なることです。

大きな規模の店舗であれば、修理体制が整っていて専門の知識を持つ販売員が対応してくれる場合もあります。

一般的なホームセンターでは修理に対応していない場合が多く、依頼を受けるとメーカーへ送付するため、戻ってくるまで一定の日数がかかってしまうのです。

 

専門の販売員がいない場合は、電動工具の選び方などについての助言も得られません。

ただし、電動工具に詳しい人がいるのなら、ホームセンターで安く購入することをおすすめします。

「ネット通販」がおすすめの人

DIYの人気に後押しされて、多くのネット通販で電動工具を手軽に購入できるようになりました。

通販サイトから注文すると配送で自宅に届くので、店舗に行く時間が取れない多忙な人にもおすすめです。

 

豊富なラインナップが特徴のネット通販は、別ブランドで同じ商品の価格を比較して購入することができるため、より安い価格の電気工具を購入できるというメリットがあります。

また、インターネット上には商品レビューがあるので、欲しい商品の使い勝手が分かるのもネット通販の大きなポイントです。

 

レビューを見ると、スペックだけでは分かりにくい電動工具の詳しい情報なども得られます。

ただし、サイトのなかには、販売だけで修理には対応していないサイトもあるため、ネット通販を使用する際は、確認が必要です。

工具専門の通販サイトでおすすめなのは、修理の受付も行っている「Bildy(ビルディ)」や「ウエダ金物店」でしょう。

 

Bildyは、商品の安さだけでなくアフターサービスなどの実績も高く評価されています。

ウエダ金物店も「良いものを安く」をモットーにしている信頼の高い工具販売店です。

どちらも、プロ仕様から初心者向けまでの幅広い電動工具を扱っているので幅広い選択肢から選べます。

 

ネット通販は注文してから届くまでに時間がかかるので、早めに選んでおきましょう。

 

「工具販売店(プロショップ)」がおすすめの人 

「プロショップ」は金物屋とホームセンターの間に位置するもの、と考えておくといいでしょう。

全国展開している大規模店がプロショップと定義されることが多く、ホームセンターよりも専門性が高いのが特徴です。

 

アストロプロダクツのように、インターネット販売や通信販売にも対応しているプロショップもあるため、ニーズに合わせて購入できるメリットもあります。

利用する顧客にはプロが多く、たとえば「マキタ」のプロ用電動工具のような商品も多数取り揃えています。

 

プロショップはDIYよりも複雑な作業をしている人や、プロと同じような作業を目指している人におすすめです。

しかし、DIY用の電動工具を使っているうちに物足りなくなり、プロ仕様を購入する場合もあります。

 

マキタの電動工具はDIY仕様がグリーン、プロ仕様がブルーと色分けされているので、変更する際にも選びやすいでしょう。

全国展開しているプロショップのなかには、海外から直に仕入れをすることで低価格を実現し、安い商品を提供しているケースもあります。

 

ただし、会員制にして掛け売り販売をしているプロショップもあるので、個人でも購入できるのかを事前に確認しておきましょう。

まとめ

インパクトドライバーの画像13

電動工具を購入する場所は金物屋やホームセンター、プロショップなどが主ですが、今ではネット販売で購入するケースも増えてきました。

ニーズに合わせて購入先を選び、複数の商品価格を比較することでより安い商品を買うことがコツといえます。

また、電動工具にはDIY仕様やプロ仕様があるので、用途に応じて使い分けるのもポイントです。

手作業では難しい作業をスムーズにこなすために、おすすめの販売店で電動工具を購入して活用してください。

 

また、工具買取UPでは工具の高価買取を行っております。

不要になった電動工具がございましたら、お気軽にお問い合わせください。